2010年4月10日 (土)

どんぶり会館

先日、土岐のアウトレットへ行ってきました。
土岐と言えば焼き物。近くに焼き物を買えるお店がないかとアウトレットの中の観光ガイドでパンフを見て、「どんぶり会館」っていう道の駅へ行くことにしました。

はっきり言って外観はセンスがありませんでしたが、中に売っている物は値段の割に良いものが多いと思います。小さめの鉢と小皿を買ってきました。
どんぶり会館の外で産直市みたいなのもやっていたので、そこでタケノコも買ってきました。

Imgp3253タケノコの煮付けを入れて

皿も雰囲気良いのですが、このタケノコがすごく美味しい。「朝堀だよ」っておじさんが言っていたのですが、ちょっと怪しい雰囲気の出店で本当に朝堀かなあと疑っていました。どうやら嘘はなかったみたいです。

あと、どんぶり会館で地元のハチミツも売っていたので買ってきました。

Imgp3259そよごのハチミツ

このハチミツ、かなり濃厚でとても美味しいです。オススメです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

今年は白菜をとてもたくさんもらうので、必然的に鍋をやることが多いです。
まあ、予算の都合上、カニやアンコウはあまりなく、豆腐が主体だったりしますがw

Sbsh0010

鍋の時に使うおたま、うちでは木屋のアルミ製のものを使っています。上の写真に写っているやつですが、アルミの打ち出しにアケビが巻いてありとても良いデザインで気に入っています。使い勝手はごくごく普通ですがw

鍋のつゆはダシと醤油、砂糖で味を付けています。個人的には鍋の時にポン酢を使うのはあまり好きでないです。なんかポン酢って主張が強すぎで素材の味がよくわからなくなってしまうような気がするんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

ゴマ煎り

今日も仕事。明日も仕事。忙しいです。

今日の夕飯は「ゆで鶏ネギソース」なるものを作りました。レシピはYahoo!グルメで、ちょっと改変しています。

Sbsh0019

レシピにすりごまが入っています。すりごまはすりたてに限るということで、うちでは都度すり鉢ですっています。

Sbsh0012すり鉢とすりこぎは木屋のです。


木屋と言っても日本橋まで買いに行ったわけでなく、星ヶ丘の三越で買ったものです。
木屋の包丁はそれなりの値段ですが、すり鉢やすりこぎは高いと言ってもしれていますのでブランドものを買っています。

うちでは、ゴマも炒っています。

Sbsh0016ゴマ煎りの様子

ごまを煎るのはそう手間でないのですが、問題は家は賃貸のくせにオール電化ということ。しょうがないのでわざわざカセットコンロでやっています。

ちなみに、ゴマは親戚から自家製のものが売るほど送られてきます。普通にはなかなか国産のゴマは市販されていないので、結構貴重です。

香りがよい食品はこだわるとそれなりに差が出ますので、やっぱりそれなりに労力をかける価値があると思います。まあ、忙しいのはこういうこともやっているせいだという話しもありますが・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

包丁研ぎ

うちでは包丁を研ぐのは自分の仕事です。

やっぱり、切れない包丁では美味しい料理はできないです。包丁研ぎに出してもいいのですが、出すのも面倒でその場でやってくれないと不便だしと、言うことで自分でやっています。
包丁研ぐのは難しいことはあまりありませんし、1丁だいたい5分ぐらいでできます。すぐできるので本当は1週間に1回ぐらいやった方がいいのでしょうが、ついついほおっておいてトマトがうまく切れなくなるとしょうがないから研ぐといった感じです。

Sbsh0040研いだ後の包丁ってきれいですよね。

やりかたはけっこう我流ですが、まあまあ切れるようになっているとは思います。以前東京日本橋の木屋で包丁研いでいるところずっと眺めて技を盗みましたw
別に力いらないので女性でも簡単にできると思います。砥石もホームセンターなどで安く売られれているので料理好きの方は一度お試しを。そうそう、ステンレス刃はちょっと研ぎにくいです。ので、うちの包丁はステンレス1本もありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

ピザ

なんでも好きな人ですが、イタリアンも人並み以上に好きです。そして、ピザも好きです。(結局何でも好きなのですが)
ピザはクリスピーなやつが好きなんですが、以前よく行っていたお店がなくなったりして「手軽に食べられるところはないかなぁ」と思っていました。しかし家にはイタリアンの権化たるデロンギのオーブン(結婚祝いにもらった)とそれに付いていたピザストーンがあるのです。そこで買ってみたのが市販のピザ生地。市販品なんてって、バカに出来ません。相当美味しいピザが食べられます。一度作って結構はまり今ではすっかり定番になりました。
材料:ピザ生地、トマトソース、サラミor生ハム、アンチョビ等のトッピング、チーズ
作り方:ピザ生地にソースを広げトッピングをのせてチーズを乗っけて焼くだけ。
実に簡単です。
クリスピーなピザ生地は大きなスーパーでも置いてありますが、個人的にはデパートや輸入食材スーパーにおいてあるチェスコのものが好きです。微妙にクリスピーさが違います。チーズはたくさんのせた方が美味しいです。

Dsc01957
写真は焼いているところ。

このピザストーンにのっけて焼くとほんとにかりっと焼き上がります。ただし、デロンギのオーブンには少しくせがあります。
1.温度目盛りが怪しい。どうも目盛りの温度は高すぎるようです。目盛りを信じて合わせるとたいてい焼けすぎ。目盛りから20度ぐらい下げるとちょうど良いようです。
2.タイマーは全く適当で当てになりません。キッチンタイマーを使った方がよいです。ピザの場合、10分ぐらいで焼けるので見張っていた方がよいです。
こういうところ本当にラテン気質です。基本性能は悪くないですが。

Dsc01961Dsc01963

だいたい一度に2枚作ってちょうど2人分です。今回はサラミのピザと、シーフードピザの2種類作りました。トッピングにピーマンの薄切りのせると香りがよいです。
そうそう、ピザを切るやつ(名称不明)はやっぱりあった方がよいです。包丁だと切りにくいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)