« 京都旅行 つる家の弁当 | トップページ | どんぶり会館 »

2010年4月 5日 (月)

京都旅行その2 いづうの鯖寿司 俵屋吉富

というわけで、京都旅行続編です。

交通費を浮かした分、さらに食事を奮発します。夕飯にすべく、帰りがけにまた伊勢丹へ寄って以前から一度は食べたいと思っていたいづうの鯖寿司を買ってきました。ちなみに、値段は1本4000円以上しますsweat01

Imgp3244パッケージ

パッケージは印刷ではなく、ホントの版画のようです。流石に高いだけありますね。


Imgp3245竹皮を外すと昆布に包まれています。

Imgp3246昆布を外して切るところ。

Imgp3248断面 ご飯と鯖が密着するようにだと思いますが、鯖に切り込みが入れてあります。


無論美味しいですが、値段を考えるとまあ普通かな。すこし脂がのりすぎていてくどい様に思います。もうすこし酢の味が表に出た方が好みですね。
自分で作った鯖寿司が美味しくできたときの方が美味しいかもと思いました(^-^;
出町柳の満寿形屋 のほうが自分の好みですね。


土産として俵屋吉富の生菓子も買ってきました。


Imgp3257俵屋吉富の生菓子

これもまあ美味しいのですが、値段を考えるとやや割高です。甘さはもう少し控えめでもいいのではないかと思います。


|

« 京都旅行 つる家の弁当 | トップページ | どんぶり会館 »

和食」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鯖寿司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109780/48009047

この記事へのトラックバック一覧です: 京都旅行その2 いづうの鯖寿司 俵屋吉富:

« 京都旅行 つる家の弁当 | トップページ | どんぶり会館 »